London Business Trip #07

ロンドンのレストランの紹介、今回で100軒目となります。

そんな100回目にふさわしい今回のレストランは

フルハムにある 『 harwood arms 』 です。

今回行ったレストランの中の目玉です。

 

ガストロパブなのですが、ここでも何回か紹介しているノッティングヒルにある 『 redbury 』の姉妹店で、

その 『 redbury 』は、世界のベストレストラン50でも堂々14位にランクインしてる

2つ星のレストランです。

ここ『 harwood arms 』もイギリスのガストロパブで唯一星を持ってるパブです。


そんな 『 redbury 』を有名にした事件を今回初めて知ったので載せておきます。

全英を震撼させた一連の暴動があり、2011年8月8日夜、ギャング団の若者40~50人が店内になだれ込み、食事中の客を襲撃。財布やジュエリー、さらには携帯電話などを強奪し始め

そこにキッチンスタッフが麺棒やおたまを手に駆けつけ、客をワインセラーへと避難させた上で応戦、

そして暴徒を撃退したという事件がありました。

この模様は翌日、英メディアで大々的に報じられ、店内は激しく破壊されたものの客を命懸けで守ったレストランの評判は大いに上がったそうです。


さて、『 harwood arms 』 は、前菜、メイン、デザートで42.5ポンド、

お酒を飲んで日本円換算で10000円前後でしょうか。

ワインをどのレベルのやつを飲むかで値段の上下はあると思いますが。
料理はやはりすごく美味しいです。

『 redbury 』 のような繊細な盛りつけは無いものの、

他のガストロパブとは料理もサービスも一線を画しています。
写真でも分かると思いますが、バー担当の男子、相当のイケメンです。

タトゥーがまたよかった。

 

こういうところは、パンがおいしいのは当たり前ですが、それ以上にバターが美味しい。

買って帰りたいぐらいに美味しかったです。

 

ひとつ難を言わせてもらうと交通の便が非常に悪いです。

最寄りの駅から歩いて20分ぐらいはかかるでしょうか、住宅街の中にポツンと現れます。

それがまた良いところなのかもしれませんが。。


デートに飲み会に色々に使えそうな、とてもいいガストロパブでした。

 

『 harwood arms 』

Walham Grove, London SW6 1QP

http://www.harwoodarms.com

 

f:id:hynm_ticro:20160908210229j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908211716j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908211703j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908210935j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908215501j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908214025j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908213825j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908213830j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908220926j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908213820j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908220912j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908230123j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908220932j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908213008j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908220938j:plain

f:id:hynm_ticro:20160908230120j:plain