Berlin Business Trip #02

ticro.deのすぐ近所にあるカフェのご紹介です。

コー​​ヒーだけでなく、ベトナムのお茶や料理を提供しているベルリンでは数少ないカフェで、

インテリアにもこだわっており朝からお茶をしながらミーティングなどに使えそうです。

 

1枚目の画像の左側の飲み物の味がコカコーラにとても似ていたので調べてみると、

冷戦時代、西側諸国では資本主義の象徴としてコカ・コーラが大流行していたらしいのですが、

共産主義であるソビエトに統治されていた東側では受け入れてはいけない物でした。

しかし対抗意識なのか、ソビエトで研究者が集められプロジェクトチームを立ち上げ、

万人に好まれる炭酸飲料の開発が始まりました。

そして作り出された炭酸飲料は『Baikal』という名前で売りだされ

たちまち多くの人たちに飲まれるようになったのですが

ベルリンの壁が無くなったのと同時にこの飲み物もたちまち消え失せてしまったらしいのです。

そんな『Baikal』の忘れ去られたレシピが、ベルリン・クロイツベルクにやってきたそうで

新たに若干の変更を加え、『Wostok』(ロシア語で「東」の意味)と名前を変え売りだされたのが

この飲み物というわけらしいです。

なかなかおもしろい経緯でした。

 

ちなみに画像右側の飲み物の味はというと、

養命酒のような味がして正直、、、、、でした :p

 

Max-Beer-Str. 37, 10119 Berlin, Germany

 

f:id:hynm_ticro:20150923135614j:plain

f:id:hynm_ticro:20150923140551j:plain

f:id:hynm_ticro:20150923140547j:plain

f:id:hynm_ticro:20150923141230j:plain