読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Numa's Recommended

こんにちは、ticro.の Numa です。

たまにはファッションの話題を。

 

先日ご紹介した、ticro.中目黒のすぐそばにある古着屋『Medicine Man』にて1890年代の野良着を購入。

野良着とは明治初期から昭和40年くらいまで作られていたそうで

見た目はご覧の通りボロですが、当時の農村での野良着とは単なる作業着ではなく

人が集まる仕事場に着ていく衣類だったようで、

現代でいうとビジネスマンのスーツに近い感覚の衣類だったそうです。

 

フレンチワークやアメリカンヴィンテージは沢山残っているのに、
日本の野良着はあまり数が残っていないらしく、理由としては外国はリメイクしてお直しをする、
日本は破れたり汚れたりするとその生地を使って雑巾などにしてしまっていたから、、、
という文化の違いがあるそうです。
なので古着屋でも大量に扱ってるところは少ないそうです。
 
そんな野良着を日本ではまだファッションとして使う人がまだ少ないと思い
今回購入してみました。
涼しい季節になったら早速羽織ってみようと思います。
 

f:id:hynm_ticro:20150529141839j:plain

f:id:hynm_ticro:20150529141855j:plain

f:id:hynm_ticro:20150529142013j:plain