読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

London Weather

ここ数日のロンドン、夏らしい青空が広がっており

 

湿気もなく過ごしやすい日々が続いています。

 

公園でのんびりしたり、パブのテラスでビールを飲んだりと

 

みんな思い思いの夏の過ごし方を楽しんでいます。

 

ロンドンへの旅行はぜひこの季節がオススメですよ!

 

 

by ticro.uk staff

 

 

f:id:hynm_ticro:20160817104306j:plain

Berlin Business Trip #14

ベルリンにはたくさんのスポーツバーがあります。
ドイツ戦の時には街中の至る所にモニターを出して
コンビニから洋服屋さんまで臨時のスポーツバーに変わります。

ここ,『 schmittz 』 はticro.de の近くゴルマン通り沿いにあり
店内は卓球台もありとてもにぎやかです。
写真を撮り忘れましたが、こういう所には名物親父が1人はいて、
その時日本人は僕たちだけだったのでめざとく見つけられ、
ドイツ語でべらべら喋られましたが何をいってるかまったくわかりませんでした。
ドイツ語勉強しなくちゃ。

入ってすぐ卓球台、中程にバーカウンター、奥がモニターの部屋と分かれており
満員状態でも居場所は確保出来ますよ。

 

 

f:id:hynm_ticro:20160707125434j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706225108j:plain

f:id:hynm_ticro:20160804202603j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706225131j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706225117j:plain

f:id:hynm_ticro:20151019071727j:plain

Berlin Business Trip #13

仕事終わり8時半、ベルリンの夏時間は9時過ぎまで明るいです。

 

f:id:hynm_ticro:20160706205552j:plain

で、ぶらぶら歩いて探したレストランがここです。

ビストロ『 sucre et sol 』。

ベルリンでは、フレンチをまだ食してなかったので、入ってみました。

こじんまりしたお店ですが、お客さんはフルに入っていて、他の客はほぼフランス人でした。

自国のレストランに、その国の人が多い所は、だいたい当たりです。

当たりでした。フレンチビストロといえば、ステーキにポテトかなと思い注文しました。

美味しい、その他のメニューもバッチリ美味しかったですよ。

 

f:id:hynm_ticro:20160706212742j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706211918j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706213608j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706214050j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706215953j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706215959j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706212016j:plain

f:id:hynm_ticro:20160706220003j:plain

ベルリンのお店は、どこも量がすごく多いです。満足しました。

『 sucre et sel 』

Torstrasse 132, 10119 Berlin

http://www.sucreetsel.de/#_=_

London Business Trip #13

ローカルレストラン特集。ナイスなカフェ&レストランを見つけました。

場所はホロウェイロード沿い、アーチウェイよりです。

ホロウェイロードも近年レストランがたくさん出来てきている通りです。つい最近までは、ビルダーズカフェみたいなやつが

ほとんどでしたがオシャレなカフェやレストランが増えてきてますね。やっぱりロンドンの家賃の高騰で中心地に出店は難しいけど

いいものを提供したい人たちが、ローカル地域に集まってます。

ここ、the spoke もそのひとつです。ランチタイムに行きましたが、近くに住んでる若い主婦からおじいちゃんおばあちゃんまで、客層は

幅広くみんなくつろいでいました。こういう所はえてしてフードの提供がおそいのですが、それも雰囲気のひとつでしょう。ゆっくりしましょう。

フルイングリッシュブレックファストを頼みましたが、美味しいです。豆からトマトまで全てにおいてこだわりある感じです。

いい場所でした。

f:id:hynm_ticro:20160708132310j:plain

f:id:hynm_ticro:20160708140524j:plain

f:id:hynm_ticro:20160708133554j:plain

f:id:hynm_ticro:20160708132828j:plain

f:id:hynm_ticro:20160708140458j:plain

f:id:hynm_ticro:20160708135414j:plain

ちなみに,bull&gate は、ここにおいてあるローカル新聞で知りました。

f:id:hynm_ticro:20160708133917j:plain

the spoke

710 Holloway Rd, London N19 3NH

www.thespokelondon.com/

 

 

London Business Trip #11

ロンドンローカルレストラン特集,次はチャイニーズレストラン、yipin china にいって来ました。

いつも、ticro.uk からの帰り道に通る、イズリントンの裏道にありました。いままで気づいてなかったのですが

今回目に止まったので行きました。中華は、よほど高いお店でもない限り似たり寄ったりのメニューやクオリティーなのですが

このお店,不思議なお店で、ランチは超おいしい。でも夜は超微妙と夜と昼とでクオリティーが全く違うというお店でした。

シェフが昼,夜、違うにしてもここまで違うかという感じです。

まず手始めにランチで行きました。ここら辺の場所は高級住宅街ですし、しょぼいお店はすぐ潰れていくし、白人が多い地域なので中華はどうなのかな

と思いましたが,ランチはなかなかの正解でした。チャイナタウンに行ってもあんまり,担々麺とか置いてあるお店はないのですが

まずこのメニュー The Legendary Dandan Noodles  £6.80 が目にとまりこれはと思いオーダーしました。そのほかギョーザ等も注文しました。

f:id:hynm_ticro:20160701132052j:plain

f:id:hynm_ticro:20160701124235j:plain

f:id:hynm_ticro:20160701130103j:plain

f:id:hynm_ticro:20160701130105j:plain

f:id:hynm_ticro:20160701125800j:plain

やばい,マジ美味しいと思いました。当たりのとこまた見つけたと。

日本で、担々麺は、ほぼ食べた事がないのでなにが正解か分からないですが、美味しいと思いました。

これは、夜にも来て食べてみようよ。という事になりそれから何日かしてディナータイムにも訪問しました。

しかし、夜の訪問は、日が悪かったのか、通常なのか分かりませんが,昼が良かった分,がっかり度は、はんぱなかったです。

とりあえず写真をどうぞ

f:id:hynm_ticro:20160709222318j:plain

f:id:hynm_ticro:20160709212131j:plain

f:id:hynm_ticro:20160709211018j:plain

f:id:hynm_ticro:20160709210400j:plain

f:id:hynm_ticro:20160709210357j:plain

f:id:hynm_ticro:20160709210706j:plain

f:id:hynm_ticro:20160709210708j:plain

3人で行ったので、いろいろ頼んでシェアしよー系でオーダーしたのですが、担々麺、昼とルックス全然違う。スープの色も。

野菜の上にかかってる、ピーナッツソースみたいなの、まじ油。その他は、普通という、すべてにおいて昼とのギャップが大きく

がっかり度合いもマックスでした。

こんなお店もあるんですね。

レシピは、スタッフ皆に徹底させないといけないということで、いい勉強になりました。

yipin china

70-72 Liverpool Rd, London N1 0QD

yipinchina.co.uk